特定非営利活動法人ゆに

設置形態 特定非営利活動法人
所在地 〒603-8354 京都府京都市北区等持院西町60-10
創設 2011年
代表 佐藤謙
Web サイト http://www.unikyoto.com

スタッフ

運営スタッフ 10名

理事 事務局長 事務局
5名 1名 4名

事業内容・実績

障害学生支援事業
(聴覚関係)
●支援内容
  • 大学等への情報保障者の派遣
  • 高校等への遠隔情報保障
  • 情報保障者の養成
  • 聴覚障害学生からの相談受付
  • 支援学生・利用学生同士の交流企画
  • 大学等からの支援相談受付
  • 支援機器のメンテナンス
  • 海外からの研修生受け入れ
●支援している聴覚障害学生・機関数 (2017年度)
23名
12大学、小中高校5校
●年間支援提供時間(2017年度)
大学等情報保障 約400時間
高校等遠隔情報保障 約600時間
その他の障害学生への支援 障害学生相談窓口
生活支援ヘルパー(在宅支援)
修学旅行支援(中高生向け)
入学前の相談受付
自由参加型PC・ノートテイカー養成講座 参加者の所属を問わず、スキルアップや初級者向け講座、手話入門などその時々の参加者のニーズに合わせた内容で実施
延べ90名以上を養成
障害学生交流会 障害のある学生・支援学生を中心に関係者同士の交流会を実施
進級・留学・課外活動などをテーマに9回実施
PCテイク用ツール開発 交代タイマー・入力支援ツール・Android用情報保障字幕表示専用ブラウザ(ARC Viewer)等の開発
一般に利用できるものはWEBサイトにて公開
一般の聴覚障害者団体等との協力 教育現場での情報保障で得たノウハウを一般の聴覚障害者団体や聴覚障害者が関わる行事などへ応用し情報保障を提供
それらの経験を大学での実習時の情報保障など特殊な場面でのニーズへの備えとして蓄積

情報保障の量と質向上への取組

概要 「利用学生が卒業して情報保障スキルがあるのに活躍できない」
「初めて聴覚障害学生が入学し、サポート体制がない」
この間をつなぎ、どの大学にいても情報保障を使いながら学べる環境を目指しています。
また、高校など外部から支援者が入ることが難しく、学生同士でも支援しにくい授業においても、スタッフの大学での情報保障スキルを活かして遠隔情報保障を提供しています。
また、支援を実施することだけではなく、「質の高い情報保障」を目指し、経験者と一緒に練習を行う機会の提供や、講座の実施、教材の作成、ツールの開発などを行っています。
サービス向上を目指して 組織の枠にとらわれない柔軟性を活かし、新しい技術や、これまで保障が難しかった制度のすき間のニーズへの協力など活躍できる場を増やしていきたいが、同時に多くの支援を実現するためのサポーター養成、スキルの維持が課題です。
参考資料
  • 「ゆにの部屋」『障害をもつ人々の現在』84-87号連載
  • 近畿管区行政評価局(2017)「障害のある学生等に対する大学の支援に関する調査 結果報告書」(調査協力)
  • 特定非営利活動法人ゆに(2018)「スタートライン―介助はじめの一歩―」
問い合わせ先 事務局TEL075-468-1633 FAX075-468-1666
Mail:info@unikyoto.com
http://www.unikyoto.com